採用時の面接で優柔不断かは、言語や態度からわかる

就職活動をしていると、いくつかの試験を受けることが多いとおみます。まずは簡単なペーパーテストが行われ、基本的な教養が試されます。その後は面接を繰り返していき、最後には役員面接などを行い、縁があればその企業に採用してもらえます。
基本的には面接に重きを置いている企業がほとんどで、その人がどんな人であるか、どのような態度で臨んでいるのか、志望の動機や希望は何なのかを細かく見ていきます。面接官のほうも毎年それを行っているのですから、相手の態度や言語からそのことを読み取っていくプロです。特に優柔不断な部分というのは態度や言語に表れやすく、すぐにわかってしまうことが多いです。
優柔不断な人は自信がない人が多く、どうしても伏し目がちであったり、猫背気味であったりして、どこかシャキッとしていないことが多いです。胸を張って相手をまっすぐ見るだけで、だいぶ印象が変わってきます。また視線が泳いでしまう人も要注意です。落ち着きなくキョロキョロしてしまう人は、やはり自信があるようには見えず、悪い印象を残してしまいます。
しゃべるときも語尾がはっきりしなかったり、だんだんと声が小さくなっていく場合は優柔不断と思われてしまいます。断定の形でしゃべれない場合もそのような印象を持たれやすいです。「たぶん」や「だとおもいます」のように、いまいちはっきりしない物言いでは、相手に伝えたいことがしっかり伝わらず、自分の意見を言っているとは言えません。「です」、「ます」と言い切ることで、自信をもって自分の意見を言えるようにしておきましょう。
どうしても心配な人は、一度自分の姿をビデオで撮っておいて、どのような風に見えるのかを確認しておくとよいでしょう。