採用を断るとき

採用を断るときには、しっかりとした礼節を持って、採用をしてくださった企業さんや会社さんに、お断りの連絡をすることが必要となります。

いくつもの採用を合格で受けている場合には、いろいろな企業や会社さんを受けていることになりますが、このようなことを、しっかりと真面目に相手の企業さんなどに説明する必要はありません。

むしろ、第一希望の会社さんから採用の合格をもらったので、と言ってお断りをすることは、大変に失礼な行為にあたるため、絶対に、このような断り方をしてはなりません。

このことは、相手の企業さんだけでなく、合格通知をくださった企業さんや会社さんを侮辱する、とても失礼な言葉に当たるため、採用を断る時には、身内の事情など、必ず失礼のない言葉などをしっかりと選び、電話などでお断りをすることが必要となってきます。

相手の企業さんや会社さんも、とても何度も検討を重ねた結果、合格通知を絞った相手にしか送っていないことが多くあるため、上記のように、第一希望の会社さんから採用の合格をもらったので、と言ってお断りをすることは、大変に失礼な行為にあたるものです。

そのため、お断りをする場合には、他から採用をもらったから、という理由などを使わずに、例えば身内が病気にあり、その身内の看病をするために自宅近くにいる必要などがある、ということなどを理由に、お断りをすることが必要となってきます。

このような場合には、身内の看病が本当に大切であるということが事情としてあるため、このようにお断りをすると、あまり角がたちません。

ただし、必ず早いうちに、お断りの連絡をし、採用してくださったことを深く感謝し、お礼などや礼節をしっかりと行う必要があります。